グリコでアンチエイジング

グリコのggは一見、年齢肌や乾燥肌を念頭に開発された化粧品にみえます。中でも、美肌成分として、グリコーゲンにスポットライトを当てたのは画期的なことで、口コミで大評判になっているポイントです。

グリコならではの美肌成分

グリコの化粧品ggについて、他社品にはない特徴として、グリコーゲン配合を前面に出していることがあげられます。肝臓や筋肉にあるグリコーゲンは、空腹時に分解されてエネルギーとして使われることが知られていますが、グリコは美肌成分としても重要であることを突き止めたのです。
化粧品のggに実際に配合されているのは、EAPグリコーゲンです。これは、ナノ化したグリコーゲンで、世界で初めて開発された新成分です。普通のグリコーゲンと比較して浸透力が高いのがメリットで、うるおい力や保湿力のアップが期待されます。
また、α-アルブチンが配合されているのもメリットにあげられます。今でこそ美白成分として、ハイレベルな化粧品への配合が当たり前のようになっていますが、大量生産を可能にしたのは、グリコの功績なのはちょっとした驚きの事実です。
化粧品のggには、ローマカミツレエキスやオリーブ葉エキスなど、12種の植物エキスも配合されています。グリコーゲンなどと同様、江崎グリコ健康科学研究所が見立てた成分であり、エイジングケアや肌乾燥ケアに、強力にアプローチしていきます。

低刺激処方の化粧品の一面も

外部刺激の影響を受けやすい、年齢肌や乾燥肌でも安心して使えるようにと、化粧品のggは、無香料・パラベンフリーを身上としています。刺激成分は排除されているので安心して使えると考えられますが、グリコではパッチテストを実施するなどして、安全性にも配慮がなされています。
グリコの化粧品ggには、アイテムごとに独自成分も入っています。たとえば、化粧水には天然保湿成分(NMF)や2種類のヒアルロン酸、クリームには米由来セラミドやキハダ樹皮エキスといった具合です。高性能化されたヒアルロン酸やセラミドの配合で、化粧水の高保湿力が期待できるほか、クリームのキハダ樹皮エキス配合は整肌効果が期待できます。
こうしてみると、グリコの化粧品は、外部刺激を受けやすい人専用に見えますが、年齢肌や乾燥肌をメインにしつつも、脂性肌の人でも使っているという口コミが散見されます。使い方にもよるのでしょうが、刺激成分が入っていない点は、肌質や年齢を問わずメリットと映るのでしょう。

モニターセットでお試しを

グリコの化粧品はお肌に優しいとはいえ、100%の人に安全を保障するものではありません。初めて使う人は、モニターとしてお試しを利用するのがオススメです。お試しのモニターセットは2ヶ月分もあるので、何らかの成分の影響で肌トラブルが起きないか、しっかりと確認できます。

モニターの詳細はこちらから

グリコggモニターについて
詳細クリック!


バナー原稿_bimp