お菓子の会社が化粧品?

お菓子でおなじみのグリコからスキンケア化粧品のgg(ジージー)が発売されました。グリコの化粧品には、独自開発された成分のEAPグリコーゲンが配合されています。グリコーゲンはエネルギー変換のために肝臓や筋肉に蓄えられている成分ですが、肌細胞にも存在していてヒアルロン酸の生成に役立てられたり、新しく細胞を作り出す時のエネルギー源に利用されたりします。加齢と共に減少してしまうので、グリコの化粧品gg(ジージー)で補給をすれば乾燥やシワ対策に効果的です。

 

お菓子の会社が化粧品も作るとはインパクトがあるようで、グリコのスキンケアブランド「gg」は、口コミで話題沸騰中の状況です。化粧水とクリームからなる、モニターセットは、1万円以上するのが3分の1以下の価格3000円+税で提供されるとあって、とくに関心が高い模様です。

グリコの化粧品「gg(ジージー)」の口コミ

フェイシャルソープの口コミでは、「泡立ちが良く弾力があるので汚れを落としやすい」「泡がねっとりとしていて、汚れをしっかり吸着している感じ」「洗顔後のつっぱり感がない」などのコメントがあります。フェイシャルソープには、マリンコラーゲンなどの保湿成分が配合されていて、潤いをキープしながら汚れを落とします。ヒアルロン酸と美白効果の高いα-アルブチン、細胞の修復と炎症を抑える働きのあるツボクサエキスを配合したローションは、肌になじみやすいとろみが特徴です。「使っているうちに浸透して肌がしっとりしてきた」「刺激が少なくてしっかりと潤う」などの口コミが寄せられています。クリームはオールシーズン利用できるタイプと、シアバター配合でしっとり感を高めたタイプから選べます。乾燥してダメージを受けやすい目元や口元にはコクのあるタイプを使用する、といった使い分けもできるので便利です。スペシャルケア用のナイトジェルは、海藻やアロエベラなどの5種類の植物エキスが配合されていて、睡眠中の肌細胞の修復をサポートしてくれます。

グリコの化粧品「gg(ジージー)」のモニター

グリコの化粧品gg(ジージー)には、フェイシャルソープとローション、テクスチャーの異なる2種類のクリーム、スペシャルケアのための夜用保湿ジェルが揃っています。どのアイテムも単品で使用ができますが、ライン使いをするとEAPグリコーゲンの働きがより実感できます。モニターではこの中からローションとクリームがお試しできるのですが、グリコの化粧品モニターへの参加では、10日以上使い続けられること、ネットでアンケートに回答できることなどが条件になっています。参加費用が税別で3,000円必要になりますが、通常購入した時と同量のローションとクリームが3分の1程度の価格で利用できるのでとてもお得です。トライアルセットの場合、大抵は2週間や10日分の使用量になるため、十分な効果を実感できないまま終了してしまうことがあります。gg(ジージー)のモニターでは、本品サイズをそのまま使えるので購入した時と同様に続けられます。

使い方

わずかなステップのお手入れで肌が潤いキメが整ってくるので、朝晩のお手入れ時間の短縮に役立ちます。簡単ケアで済むのは配合されているナノサイズのEAPグリコーゲンが角質層に浸透して、肌本来の保水力を高める効果のおかげです。香料などの余計な成分は含まれていないので、首やデコルテなどのデリケートな部分にも使用できます。

口コミ評価は人によりけり

グリコの化粧品のコンセプトは「自発保水」で、うるおいケアでカサカサ肌の改善を志向しています。自発保水のカギは、EAPグリコーゲンという浸透力のある高保湿成分の配合で、世界初というか、他メーカー品にはない特徴となっていて、口コミでも評価されているポイントです。グリコ流のスキンケアは、浸透型グリコーゲン配合がキモだといえます。
全体的に、ggは保湿ケア重視の傾向がうかがえます。化粧品の中では、とろみのある化粧水は浸透力が高く、コクのあるクリームはとくに、枯れ肌の人が塗ると一日中うるおうと好評を博しています。
成分をみると、グリコの化粧品は乾燥肌や年齢肌に合いそうですが、脂性肌でも使っているという口コミがあるところをみると、肌質や年齢はとくに関係ないようです。それでも、効果なし、変化なしという口コミもあり、評価は割れています。
マイナス評価は、肌質などの問題はあるでしょうが、使い方に原因がある場合もあり得ます。乾燥肌ぎみの人は、たとえば化粧水は少し多めにつけ、ハンドプレスをするとハリアップに効果的のようです。クリームも、肌乾燥が気になる部分は、重ねづけをするくらいで丁度いいでしょう。
脂性肌の人に多そうですが、保湿成分が高配合のためか、ベタベタするという口コミも存在します。そんな場合、つける量を加減して、ベタつき感を調整するとよいでしょう。

価格面その他の口コミ

グリコの化粧品は、良質の使用感が高く評価される一方、高価格がネックという口コミも散見されます。たとえば、化粧水が5千円、クリームが6千円それぞれ税抜きでかかるのは、EAPグリコーゲンやα-アルブチンなど配合でまばゆいくらいですが、激安品と比較してしまえば、確かに高いと感じられるでしょう。
ただし、グリコの化粧品はボリュームがあり、普通に使えば約2ヶ月もつ量があります。トータルで考えれば、コスパ的にはかなりいいことに思い当たるでしょう。
また、グリコの化粧品は無香料・パラベンフリーで、乾燥肌や敏感肌でも安心して使える低刺激処方は、口コミでも高評価のポイントです。ローマカミツレエキスなど12種類の植物成分も配合されて、ナチュラル度の高い構成になっているのも高ポイントです。

美肌成分としてのグリコーゲン

数あるアンチエイジング化粧品の中でも、グリコーゲンが主要な美肌成分となっているのは、グリコらしいとはいえ、口コミからするに衝撃的であったようです。それも加齢で減少する成分だとのことで、モニターとして、お試ししてみる価値は大いにありそうです。

更新履歴